FC2ブログ
2006/10/30

バトン

留守中に「下手の物好き」な(?)ちゃこたむサン(http://blogs.yahoo.co.jp/chakotam)からバトンが回ってきていた。
気づかずに放置していてスミマセン。
デートバトンらしいんだが、私にコレを聞いてどうする?イイんですか、本当に私で?・・・って内容だ。

まあ、せっかくなのでやってみます。
期待されてるほど面白くはないと思うけど、許してね。



①デートの時、相手が理由もなく一時間遅刻したらどーする?


すでに自分が一時間以上は遅刻している可能性大なので、ジャストミィーティング。




②デートの時、相手がありえない服装できたらどーする?

すでに自分がありえない服装の可能性大なので、おそらくジャストマッチ。

・・・しかし、ありえない服装っていったいどんな?
「トラの皮のパンツ一丁」とかなら少し考えさせてもらうかも知れないが・・・(髪型{ex:チリチリ頭に角}とか持ち物{ex:こん棒}がコーディネートされていれば、それはそれでオッケーかも)
その場合は、自分も素早く腰ミノに着替える。


③デートの時、相手がケータイばっかりいじってかまってくれない。その時アナタの一言は?

無言のままこっそり遠ざかる。
あるいは、身代わりの女(空気で膨らますビニール製人体もアリ)を置いておく。




④デートの時、店で食事を終えて、会計に行こうとしたら、相手が「ちょっとトイレ。先に行ってて」

素早くフルーツサンデーと抹茶ケーキと三色アイスと本日のスペシャルランチコースを追加注文して「トイレから出てきた人が払います」と言って逃げる。



⑤相手と御揃いのケータイにしたいと思った事あるかね?

ない。




⑥付き合って1ヶ月の相手が、親に紹介してほしいと言ったらどーする?

紹介する。
で、その前に素早く墓地の隣にある巨大な洋館を探して引っ越し、嶋田久作を執事に雇い、父親に縞のスーツを着せナマズ髭を生やし、母親に黒いドレスを着せ、弟は太らせ、妹は青白く不健康にしておく。



⑦大好きな人からケッコン申し込まれ、即返事ほしいってゆわれたら、どーする?

上記の家に連れていって、「うふっ。もちろんお受けしますわ」と言う。



⑧次にまわす人6人を決めて

さあ6名サマ。どうぞ!
スポンサーサイト



2006/10/30

ざる豆腐?な秋の日


昨日は、ダンナの仕事の手伝いで、いきなり宮崎県のえびの高原へ連れて行かれた。
あまりに天気の良い休日だったので、バイト学生が誰もつかまらなかったらしい。

標高1200mのえびの高原なんだが、まだほとんど紅葉しておらず、ミズナラの葉の黄茶色が目立つ程度。
見上げた韓国(からくに)岳の斜面は、ところどころに深紅の葉をつける木があった。
見頃は来週あたりかな。

作り物みたいに完璧な青空。
風もなく、気温もちょうど良い。
なんだか、好天すぎて私には居心地が悪いほど。

大勢の観光客に紛れて、遊歩道周辺でこっそり仕事。
昼はトイレの脇でおにぎりと地鶏炭火焼きを食べる。

仕事後、霧島温泉郷まで足を延ばして、泥パックで有名な温泉へ。
「じゃ○ん」の人気温泉ランキングで2位になった場所らしい。
なるほど、なかなか楽しい温泉だった。

かすか~な硫黄臭がある白濁したお湯。
露天風呂の隅っこの桶に、そのお湯の成分が濃縮されている灰色の泥が入れてあり、各自で好きなように体に塗りつける。
10分ほど放置すると完全に白く乾くので、洗い流して湯船へ。

泥を乾燥中のご婦人たちの様子が面白い。
座る場所があまりないので、みんな所在なげな様子で立ちんぼう。
もちろん全員が裸体なワケなんだが、全身の泥が乾きはじめるとまるで石の彫像・・・というより、えっと・・・累々と立ち並ぶお地蔵さんのようだった。

泥を洗い流したあとは、本当にお肌スベスベ。
なんだか体のコリもほぐれて、疲れが抜けた気がする。

帰りがけ、霧島高原牧場へ寄り道。
ざる豆腐のようになっているチーズケーキを買ってみた。
話題になっていた頃はすぐに売り切れていたらしいが、昨日は閉店間際でも難なく買えた。

今朝、開けてみたんだが・・・・。

コレって、どうやって食べるんですか???

フワフワなので切ることもできず、とりあえずスプーンですくって食べてみた。

フワフワだ。
ぺろりと食べてしまう。

2006/10/28

留守の後始末

ダンナに手伝わせて大量の洗濯モノを片づけた。
干し場がイッパイになったので、今日はこのくらいにしておいてやるぜ。

一服しながらパソコンを開けたら、300通以上のメールが来ていて、一瞬パソコン壊れたのかと思ったくらい、ダッダッダッダ・・・・と果てしなく受信。
んが、そのうち本当に私に用がありそうなメールはたったの4通。
しかも、うち2通は、「ウチの愛犬が{今日のわんこ}の特別版に主演します、ヨロシク!」ってのと「北朝鮮の核実験報道のため{今日のわんこ特別版}放映が延期になりました」って内容。

なんだか自分の人間関係や社会生活に不安と疑問を感じるんだが・・・・。

久しぶりにゆっくりインスタントカフェオレinコラーゲンを楽しもうとしたら、マグカップのまわりに極小の黒い羽虫が飛び交っている。
いわゆるそのぉ・・・ショウジョウバエってヤツ?

ダンナの職場の人から、「バイトの女の子が結婚することになったので、お祝いの記念品として奥さんの作品をひとつ・・・」という話がきた。
よっしゃ!と引き受けたものの、あまりの低額予算と、プレゼントする予定の祝賀会までの日数の少なさに愕然・・・・。

間に合わせるためには今日から作り始めなければならず、ショウジョウバエについては放置。

この度の関東滞在中、しばらくご無沙汰していたギャラリーに久しぶりに顔を出したら、飛んで火に入るがごとく、いきなり展示会をすることになってしまった。
会期は来年の6月なんだが、それまでに作品が揃うのかどうか・・・・すでに憂鬱ではあるが、恥をかかない程度の空間にはしたいので、構想は今から考えておかねばなるまい。

今回の個展においでくださった人たちや、福島でお世話になった人にお礼状を出そうと思っているんだが、筆無精が身についてしまっていて、なかなか筆が進まず・・・・

そんなこんなで、帰宅後の一日はまもなく日沈。

2006/10/28

帰宅


昨夜遅くに帰宅しました。
こちらはまだ初秋の気候です。
ダンナもほとんど出張で不在だったため、家はそれほど汚れておらず、そのかわり洗濯物が巨大な山になっておりました。

各滞在地から五月雨式に送った私の荷物が次々に到着。
いちばん最初に開けたのが、コレ。
リカちゃんキャッスルで注文しておいた、オーダーメイドの人形。
男の子ドールを2体。
顔タイプと肌の色、髪の色、髪型の組み合わせを自由に選び、スタッフが一体一体丁寧に仕上げてくれる。
髪型を選ぶ時には、まるで美容院のカタログみたいなものを見せられて、よりどりみどりなのさ。
一人のスタッフがかかりっきりで作ってくれるので、かなり凝った髪型にもしてもらえる。



その昔、リカちゃんの友達「いずみちゃん」しか持っていなかった私。
リカちゃんは姉が所有していたので、BFの「わたるくん」が我が家に来た時も、当然それは姉のものになった。
いずみちゃんは永遠の横恋慕。
姉の目を盗んで、時々いずみちゃんとわたるくんを密会させてあげていたが、それがバレるとりかちゃん(つまり姉)が鬼の形相で激怒し、いずみちゃんをイジメる。
だから、私にとってりかちゃんは「意地悪なお嬢様」、いずみちゃんは「イジメに耐える可愛そうな美少女」のイメージ。

リカちゃんは、姉の激しい遊び方(例:オリジナル振り付けによるシンクロナイズドスイミングもどき等)のせいで片足がもげてしまったんだが、姉のストーリーの中では「いずみちゃんの不注意から起きた事故のせいで怪我をし、一生片足が不自由になった」ということになっていて、いずみちゃんはリカちゃんに負い目を感じ、ますます陰湿なイジメに一生耐え続けなければならなくなった。

そんな哀れないずみちゃんにも優しくてステキなBFを作ってほしくて、幼い手でタカラに陳情の手紙を送った記憶もあるぞ。
切ない思い出・・・・・

そういうワケで、私は男の子ドールに強い執着を持っている。

いずみちゃんのBFはとうとう登場しなかったが、そのかわり後発の「ジェニー」シリーズでは、これでもかっ!っていうほど男の子ドールが発売された。
時代も変わり、男の子も髪型やファッションにこだわるようになり、バリエーションの豊富さが求められるようになったんだね。

時には「GIジョー」との年齢差を越えた恋愛なども経験していたいずみちゃんだが、ようやく歳相応のBF(身長差は大きいが)が出来たワケである。
今までの不遇な人生の反動で、我が家のいずみちゃんはすっかり男狂い。
今ではジャニース系美少年を何人もはべらせる生活になった。


うちの姉の格言「男の子ドールは水モノだから、見つけた時に買っておかないとすぐに消えていく」。


これをお読みくださる数少ない皆様が、だんだんついて来られなくなってサーッと退いていく気配を感じる今日このごろではあるが、今回も二人の新入りを迎え、引っ越しのたびに真っ先に荷造りする「いずみちゃん専用段ボール」は、ますます男の子ラッシュなんである。

2006/10/27

さよなら東京


申し込み先と手配人と振り込み先がそれぞれ別会社という、ヤバいニオイのする超格安チケットを購入。出発直前にロビーの隅っこにいる無表情な女性から搭乗券を受け取って、ようやく乗る便がわかった。なんだか麻薬取引か何かみたいだ。しかし、まあ、とにかく無事に帰途につく。長い旅だった。いつのまにか季節は冬になっている。寒いので帰ります。お世話になった方々ありがとうございました。

2006/10/26

衝撃の映画


外食に飽きたのでデパ地下で弁当を買った。その足でホテルの隣にあるシネコンへ行ってみた。そこで映画鑑賞しながら弁当を食べることを思いついてしまった。が、特に見たいものもなく、たまたま丁度開始時刻だったゲド戦記に飛び込む。吾郎さんの仕事振りが何かと話題になってるしね。ま、いろんな意味で興味はある。弁当食べながら見るなんてジブリファンの人には怒られるかしら?などと思ったが……そんな心配はぜーんぜん無用。…あは、あは…お客だ~れもいなかったッス(^_^;)。巨大シアターを独り占めして、誰に気兼ねすることもなく弁当食べてお茶飲んで、ついでに食後はがっつり寝てしまった。。。えっと、えっとぉ…ゲド戦記ぃ…あのテーマ曲は谷山浩子が作曲したんだよ!(つまりエンディングのテロップしか見ていないってことなんだにゃ(-.-ゞ)。ちなみに[おはようございますの帽子屋さん]をご記憶のかたはどれだけおられることだろう…('_'遠い目)などと考えながら、今夜も都会の片隅を徘徊するオンナひとり。

2006/10/25

まだ放浪中


自分の展示会は無事終了したが、お世話になった方面へのお礼参りや、友人の展示会に顔を出したりしつつ、まだウロウロとさまよっている。洗濯はしているんだが、なんだか全体的に薄汚れてゆくのがわかる。今日はいつのまにかピアスをなくしていたことに気付いて、品川の駅ビルで代わりを買った。

2006/10/22

午後のお茶会


いよいよ本日最終日を迎える。昨日は常連のお客様が会場でお茶会を催してくれた。長く紅茶の勉強をしてきて、ようやく念願の紅茶専門店を来年オープンする予定だという。そのデモンストレーションを兼ねて、道具をすべて持参しての本格お茶会。骨董店で運命的な出会いをしたという銀のティーポットが美しかった。フルーツ入り紅茶はジャワティー、その他いろいろな紅茶を喫する。お菓子を何種類も作ってきてくれて、どれも美味だけどチーズケーキは特に絶品。紅茶に心をほぐされると、おしゃべり欲に火がついて、午後のお茶会はそのまま午前2時過ぎまで続いた。

2006/10/19

本日休廊



ギャラリーはお休みなので街を散策。ついでに[わたらせ渓谷鉄道]に乗ってみた。乗ることが目的なので行き先の予定はない。神戸まで行けば星野富弘美術館があるが、[上州の左勘五郎]と唱われた関口文治郎の彫刻欄間がある医光寺に行ってみたくなり水沼で下車。が、徒歩だと往復1時間かかってしまい、帰りの列車に間に合わない危険があるため断念。かわりに歴史民俗資料館を見学したんだが、入館料100円の資料館に入るために、わざわざ役場まで行って教育委員会の担当の人を呼んで鍵を開けてもらって…と、えらい面倒だった。観光客がふらりと立ち寄るようなことはめったにないらしい。彫刻欄間の写真もあり、他にも江戸時代に御用木材を運搬する際の、村民の気苦労が偲ばれる古文書など、丁寧に見ると意外に面白い。夕方に戻ってきて、インド料理レストランでマトンとシーフードのカレーを食べた。ナンがパリパリもっちりで旨かった。

2006/10/16

人形町


今日から3日間人形町では辻村ジュサブローがプロデュースしたらしい人形市をやっている。手作り物やアンティークドールなど、いろいろなものが露店で売られていて楽しい(*^_^*)。明後日はジュサブローの講演会があるそう。日暮里で布を買い、上野でダリを見て、これから桐生に戻るところ。また夕食を食べそこねる予感…。