FC2ブログ
2007/06/30

開通


昨日は行きも帰りも迷わなかった。初めてさっ。
しかーし、調子に乗っていたら、今朝は小山の市街地で迷っちまった。
なんで毎日通っている道で迷うんだろう。人として生きるための重要な何かが完全に欠落しているとしか思えん。マジに、自分のことが不安。

さて、本日の思いがけないお客様No.1。
なんと、偶然この拙ブログを読んで興味を持ち、私の居場所を突き止めて、ご来場くださった方が!
いやーびっくりしました。
緊張してドキドキしてあまりゆっくりお話しできませんでしたが、本当に嬉しゅうございました。



新4号線の工事中だった跨橋が本日開通したので、帰途に早速通ってみた。
で、案の定、宇都宮市街地への降り口を見失い、いつもの県道に戻るのに30分余計にドライブ。
こんな自分に心底疲れる。

写真は本日の差し入れ。
夕食に戴きます。ありがとうございました。
さあ、明日は最終日です。

スポンサーサイト



2007/06/29

佐藤さん


佐藤錦が安売りされていたんです~ぅ。あはあは。

2007/06/29

お休み

昨日は休廊日だったので、益子と笠間の陶芸町をはしご。最近はおしゃれでかわいい店が多くなって、ほんと、困る。目が泳いじゃうさ。
益子のはずれの山の上のギャラリーまで行ってみた。写真は、その中にあったカフェでいっぷくしたところ。

2007/06/26

通勤


こんばんは。出稼ぎ中の手ごね人です。
毎朝、宇都宮市から小山市まで車で通っています。国道4号線を通って、だいたい1時間弱かかります。
借りた車にも慣れてきたので、今朝は少し気分を変えて、違う道を通ってみることにしました。新4号線という大きな道路です。この道のほうが15分ほど早く小山に着くのです。
やや混んでいるものの、朝のラッシュは収まった時間なので渋滞はありません。
3車線の広い道路をスイスイ走っていくと、途中から急に車線が減り、狭い道になりました。周りの景色もいきなり牧歌的です。
やがて大きな橋を渡りました。そう、これが鬼怒川です。さすがに立派な川ですね。川風が心地よかったです。川辺に降りてボーっとしたくなりましたが、急いでいるのでガマンです。
そのまま行くと、まもなく「真岡」に着くことを、看板の文字が示しています。
きっと、小山はもうすぐですね。
快適なドライブです。



問題1:上の文章中の重大な間違いを指摘せよ。




写真は本日頂い差し入れの数々。ありがとうございました。

2007/06/25

わーい!


展示会三日目。今日は遠方からたくさんの思いがけない人がご来場くださいましたにょ。皆さん、お会いできて嬉しかったです。しかし、私の不在中に限って来場者が多く、留守番してくれたオーナーがパニック状態になっていて、ちょうどそのときに居合わせたお客様には、騒がしくてご不快な思いをさせてしまいました。申し訳ありません。罰として、今日戴いた差し入れはオーナーに分けてあげなかったさ。写真は神奈川県、千葉県、埼玉県、近所の農家、等、各地のお菓子(一部野菜)が大集合の図。ありがとうございます!

2007/06/24

展示会風景


やってます。

2007/06/22

恒例 出発前掃除

おはようございます。


ぼさぼさ頭改善のための美容院も、腱鞘炎瞬間治療注射のため病院も、すべて寝倒して、久しぶりのたっぷり8時間睡眠の手ごね人でございます。
らりほ~!


今日の昼に現地入りして、午後から搬入です。


未明からずっと家の掃除をしています。
まだ進行中ですが、すでに5時間くらいかかっています。
病気にならなかったのが不思議なくらいの不潔さです。
だいぶん床が見えてきました。
もうまもなくコタツ布団を撤収し、夏用の敷物を出せる見込みです。


そうそう、本日の搬入作業に、強力な助っ人が現れました。
「20歳の寅さん」こと、我が流浪の姪っ子が海外留学から帰ってきましたんです。
21歳になって、心身共に一回り大きくなったもようです。
バッグを見がてら、搬入を手伝ってくれるとのことです。
私の血を引いて、腕力はかなりあるはずなので、非常に心強いです。


静かな朝方、窓の外からくちなしの花の匂いが漂ってきます。

2007/06/20

食べていいですか?


以前ギャラリーの企画展に参加し、残念ながら出戻りとなった作品を昨夜になって荷解きしていたところ、見覚えのない可愛い小箱がひとつポロリと出てきた。


ちょっと気の利くギャラリーでは、売れ残りの作品を作家に送り返す時、ついでに地元の名物やお菓子などを同梱してくれたりする。

「ちっ、売れなかったぜ」と、すさんだ気持ちになっていても、梱包材にまぎれてキレイな包装紙のめずらしい食べ物なんかが出てくると、優しい心遣いに、なんだかホッと胸が温まる。


・・・ってのは、後付けの話で、じつは作品が送り返されてきても、届いたまま放置していることがほとんど。

本来なら、中のものが壊れていないか?とか間違って別の人のモノが送られてきたりはしていないか?とか、ただちに荷解きして確認すべきなんだが、信頼できるギャラリーのスタッフなら、こちらから送った時以上にキレイな梱包をしてくれるので、下手に解かないほうが作品のためには良かったりする。
先方から確認の電話が来たら「ちゃんと届きましたよ~お世話になりました」とかテキトーに言って済ませてしまう。

だから、出戻り作品と一緒に何かお気遣いのサプライズを入れてくれていても、次にその作品の出番が来るまで、まったく気がつかないワケである。


以前、ある土地の名物うどんの半生麺を入れてくれた人がいて、筆舌に耐え難い状態になって発見されたことがある。

大慌てで同じものをネットで取り寄せて食べ、次に会ったときに「ああ、そういえば、以前頂戴したうどん、美味しかったですよ~」と礼を言ったさ。

皆さん、こんな私に、お気遣いなどいりませんから。




で、そういうワケで、上写真のもの。

なかなか高級そうなお菓子。
んがっ、賞味期限がはるか昔に切れているもよう。
今年って何年?


「気持ち」に賞味期限はないので、ちゃんと心は温まった。
本当にありがとうございます。


せっかくのお気遣いを無駄にしないよう、(決死の覚悟で)ひとつ戴いてみます。

2007/06/20

荷造り

この記事はブロとものみ閲覧できます
2007/06/15

ふくろ

この記事はブロとものみ閲覧できます