FC2ブログ
2009/03/31

弁当と、ツラの皮

この記事はブロとものみ閲覧できます
スポンサーサイト



2009/03/31

花見の後は納豆弁当

楽しいお花見の翌日、一人でかきこむ弁当の侘しさったら・・・。

でも、一応記録なので載せておきます。





3月27日
・ゴボウ入り肉だんご(焼き)
・油揚げに納豆入れたの(焼き)
・わさび菜(生)
・海苔ごはん



3月29日
・タケノコ入りロールキャベツ(蒸し)
・シイタケ(蒸し)
・タラの芽のゴマ和え(茹で)
・ブロッコリー(蒸し)
・菜の花(蒸し)←葉っぱが黄化)
・ゴボウ(蒸し)
・ニンジン(蒸し)
・きざみ海苔ごはん



3月30日
・タケノコと自然薯と鶏肉の煮物
・油揚げに納豆入れたの(焼き)←気に入った
・昆布入り卵焼き(焼き)
・パプリカ(焼き)
・タラの芽のゴマ和え(茹で)
・煎り大豆ごはん
2009/03/29

見る・食う・出す・・・キモノで花見



・・・と、いうワケで。

土曜日、上野公園に桜を見に行った。
とは言っても、指先がかじかむほどの冷え込みで、桜もまだまだ満開には遠い。

それでも百花繚乱なのは、宴会客。
それぞれの席から様々な食べ物のニオイを放ち、思い思いに笑い、酔い、楽しんでいる様子が、すごくうらやましかった。

予約した店の席がなかなか空かず、空腹と寒さで気もそぞろ。
だんだん桜どころじゃない気分になってきて、思わずそこら辺のブルーシートに倒れこんで、宴会の御馳走にむしゃぶりついてしまいそうだったんだが・・・必死に耐える。

もう歩きまわる元気もなくなって、店の前でじーっと待っていた我々に、お店の案内係が何か鬼気迫るものを感じたのか、おそらく強引に特設した「特別席」なる場所へ案内してもらえることになり、苦節約2時間の末、ようやく入店。




ところが、やっと店の敷居をまたいだと思ったら、そのまま店内を通過して、なぜか再び店の外へ・・・。

なんと、通された「特別席」とは、屋根も壁もない縁側みたいな場所に、余っているテーブルを並べた急ごしらえ。

京都の川床みたいで一見すると風情はあるんだが・・・これ、完全に「外」だから。

寒さをしのぐため、ちっちゃな電気ストーブとホットカーペットを用意してくれた心づかいには泣けたが、頭上に枝を広げる桜にやってくる野鳥の「落下物」には緊張がはしった。

しかし、お料理が出てきてからは、そんなことも忘れちゃったけど。

あああ、あまりにも素晴らしいお料理に、どれから箸をつけたら良いのか迷うぅぅぅ。
日ごろ質素な弁当生活を送っている私には、どれもこれも美しすぎて、旨すぎて、腹はもちろん、目も心も幸せ~ンンンン。

なにはともあれ、食う、食う、食う。

でも、今日になって急に思い出したんだけど、私ってば、煎り大豆ご飯はおかわりまでして食べたのに、あろうことか(大げさ)最後の楽しみに残しておいた茶碗蒸しを、なんと、食べ忘れていたんであったぁぁぁぁぁぁっっっっ!
ぐわぁーーーーーっっっっ!!
ぐやじいーーーーーーっっ!!!
食べたかったよーーーーーーっ!アサリ入りの茶碗蒸しぃぃぃぃぃ!


ま、とにかく腹は満たされた我々。
しかし、食べていた場所は寒空の下、野外だったワケなので、もやはこれ以上寒さに耐える体力は残されておらず、すごすごと上野公園から退散。

やみくもに飛び込んだ喫茶店で、体の隅々へジンジンと体温が戻っていくのを感じながら、どっかり腰を落ち着けて、ま~ったりしゃべる、しゃべる、しゃべる。


そろそろ解散かと思いきや・・・なぜか、にわかにガチャガチャにハマる我ら。
ガチャリとやって出てきたのは、よくわからん占い風の人形なんだが、1個では飽き足りないのか、それとも占いの結果に不満なのか、次々と100円玉を投入し、しつこくガチャガチャやっては、喜んだり嘆いたり・・・。

あ、タイトル中の「出る」は、コレのことヨ。

ちなみに、私がゲットしたのはコレ→

「小悪魔」と呼ばれる前に、すでに悪魔とか大魔王と言われ続けた人生なので、少し嬉しい。



みんなから頂戴したたくさんのお土産のひとつ「花見だんご」の中身はこんなだった。
三色団子に粒あんが載っている。
本日、手ごね小屋の散り始めた河津桜を眺めながら、おやつに戴いた。
旨かったス。ごちそうさまでした。




着て行ったモノ。
・すずめ桜の裏をつけた米沢紬
・刺し子の桜柄の帯
・桜が入った古着物を解いた端切れを半襟と帯揚げに
・帯留は、この季節にはしつこく登場、迷・・いや名品「春の嵐」(自作)←サザエじゃない。
・茶色と生成の細かい格子の三分紐
・桐と蔦の長羽織&レトロな別珍のショール
・桜柄の足袋靴下と下駄
・布バッグ(今コレしかないのよね~泣)
2009/03/28

花見した


久しぶりにキモノ着た。
山をおりて、都会さ行ってきた。

都会の桜は、まだ三分咲きくらい。
見頃にはちょっと早いが、花見客の数はすごかった。


あとでゆっくり記事書きます。

2009/03/27

あくまで弁当

ちわ。

この数日、大工さんが棚を作りに来てくれていた。
作業場と物置き部屋の棚、それに窓の桟をスダレ用にちょっと改良してもらったりして、三日と半日の工事。
大工さんにとっては、思った以上の大仕事になってしまったんだが、おかげ様で我が汚作業部屋にはもったいないほどの立派な棚が完成した。


ダダをこねて、変形の棚にしてもらった。
デザイン性だけでなく、狭い作業場での動線を考慮した形なんである。
・・・ホントです。
これからここが、徐々に汚ブツ・・いや作業道具類で満たされてゆく。

それにしても・・・いやはや、大工さんは朝が早い。

なので私、ここだけの話、大工さんが来ている間、ほとんどずっとパジャマで過ごしてました。

だって、着替える前に大工さん来ちゃうんだもん。
迎え入れてから着替えたら、「あ、さっきのはパジャマだったんだな」ってバレるでしょ?
パジャマと言ってもジャージ風なので、あたかも「コレは普通の服です」って顔で、日中もずっと着っぱなし。
そのカッコのまま、街におやつ買いに行ったりもしちゃったんだが。
別に、自分が気にしなければ、気にならないもんです。

この期間もずっと弁当生活は続けていたので、愛妻弁当持参の大工さんと一緒に、WBC観戦しながら食べていた。

そういうワケで、今回のWBCには燃えた。


弁当作りと弁当撮影が日課になりつつあるので、記録として載せておく。



禁断の納豆弁当。
この日、先日買った鉄鍋で初めて米を炊いた。
鉄鍋にはご飯を入れっぱなしにできないので、炊き立てご飯をおひつ代わりに弁当箱に詰めたら、無性に納豆が食べたくなったんである。
昼になってから冷蔵庫の納豆を出して食べたので弁当の意味なし。
それでも、執拗に弁当箱で食べる。
・納豆
・自然薯のせシイタケ
・ダイコン梅酢漬け


肉々しい弁当。
肉が食べたくなった。
肉、肉、肉~ぅっっ!
・・・ってワケで、ほぼ肉に埋め尽くされた弁当。
・豚肉のショウガ焼き
・シイタケ
・ニンジン
・トマト
この日はセイロ不使用。


↑前日の豚肉はフライパンで炒めたんだが、朝からフライパンを洗うのが面倒くさくてイヤだったので、この日はショウガ入りタレに漬けこんでおいた豚肉をセイロで蒸した。
蒸したほうが、肉の脂がフンワリして旨かった。
・豚肉のショウガ蒸し
・シメジ
・ニンジン
・小松菜
・レンコン
・トマト


ドーンっとゆで卵弁当。
冷蔵庫で干からびかけた野菜を一挙に使った。
余ったスペースにオムレツでも入れるかな?と思ったんだが、やはりフライパンは面倒だったので、セイロの下で卵をゆでた。
半熟なので切らずに丸ごと入れて、トロトロの黄身に野菜をからめながら食べた。
・シュウマイ
・小松菜
・シメジ
・ネギ
・アスパラ
・菜の花
・トマト


弁当撮影を忘れたので、セイロの画像のみ。
ようやくキャベツが安くなったので購入。
でもキャベツは水分がたくさん出るので、弁当箱の中が水浸しになってしまう。
なので、おかずの下に麩を敷いてみた。
この麩がちゃんと効果を発揮して余分な水分を吸い、さらに野菜のうま味も染みていて、なかなか旨かった。
・ロールキャベツ
・パプリカ
・エリンギ
・アスパラ

しかし、この先の季節はおかずが傷みやすくなるので、弁当の水分対策は必至。
竹ひごか何かですだれ状のものを作って弁当箱に敷くってのはどうだろう?
・・・思案中。



←これは食い物ではありません。
野良ネコがウ●チして逃げて行ったワケでもありません。
柿渋で、ちょっとした実験してます。
2009/03/21

ひとり強引ピクニック



手ごね小屋の桜、満開宣言です。
うっはハ~~ァン。

・・・ま、しかし、相変わらず全体像は貧相。

はやく大きくなってく~れ~




















昨日は蕎麦を食べに行ってしまったので、今日はちゃんと弁当つくった。
セイロ一段目。
・シュウマイ(冷凍庫の中で化石になりかかっていた)
・自然薯載せシイタケ(自然薯&レンコンをすりおろし、味噌をぬったシイタケに載せた)
・チンゲン菜
・菜の花
・スナップエンドウ
・ネギ
・カブ
二段目。
・冷凍ご飯

花見弁当用なのか、桜の塩漬けがにわかに店頭に並び始めたので買ってみた。
地元の人の手作りなので、着色料保存料無添加。
色が地味だな~と思っていたけど、香りが良いし、ご飯の上に載せて昼まで置いたら色も鮮やかになった。

なので、本日の主役はご飯ってことで。

おかずは相変わらず地味。
でも、ネギが甘くて旨かった。


ホントは今日は一日作業に集中するつもりだったんだけど、あまりにお天気良くて・・・理性とはうらはらに、ついつい出かける用事を考えてしまう。

で、絵の具足りない!とか言って強引にジョイホンへ繰り出すことに。

もちろん弁当持参。


途中、山ん中の公園に寄って、ベンチで食べた。
「日本一の獅子頭」ってのが有名な公園があるはずだったんだが・・・・
山道をぎゅいぎゅい登って到着したところは、かなりワイルドな森林公園。

どうやら、公園の名前を勘違いしていたもよう。

ヒト気もないし、ベンチのそばには使用済みティッシュのかたまりなんかも落ちていて(-_-オイ)、爽快感には程遠い雰囲気なんだが・・・腹が減ったので仕方なくここでランチタイム。
いつのまにか頭上に集まってきたカラスの視線が痛かった。


←弁当食べながら見ているのは、こんな光景。


しかし、少し高いところへ上ると ↓こんな眺望がひろがっている。


遠くに見えているのは霞ヶ浦。


森林浴にはやや早い、春浅き森の中で、スミレ発見!
わーい!







ジョイホンでは、なぜか植木などを見て回って、結局4時頃まで遊んでしまった。
食後のデザートに、サクラ&ヨモギのソフトクリームを食べた。
いつのまにか、すっかり行楽気分。










あ、今はこんなの作ってます。
ジイサンのカバンの中に入るモノ。・・・奇妙です。
これからコレに色ぬります。
2009/03/19

幸せすぎて孤独


暖かな一日。

日中はずっと窓を開けて過ごした。


さて、弁当生活再開です。

今日の中身
・チンゲン菜と豚肉でアスパラをくるんだもの
・チンゲン菜の茎
・シイタケ
・菜の花
・自然薯の器蒸し
(以上がセイロ)
・ジャガイモ入り卵焼き(一昨日の残り)
・十七穀米
・ダイコンの梅酢漬け
・ゴマ


自然薯の折れたのが安売りされていたので大量買い。
しばらく自然薯生活になりそう。
今日はすりおろして、味噌で味付けしたものを、ぐい飲みに入れて蒸してみた。
例のごとく一切味見ナシで弁当に詰めているので、ちょっと楽しみで、ワクワクしながら食べたんだが・・・んん~アレね・・つまり「かるかん」ってことなんだよね。
まぁ、不味くはなかった。



今日は、ここを建ててくれた大工さんがやってきた。
作業スペースに棚を作ってもらうことになっているので、その打ち合わせ。

ホームセンターでキットを買ってきて自作すれば安上がりなんだが、せっかく腕の良い大工さんと縁ができたので、末永く使える頑丈なものを作ってもらおうと考えた。

なんだかんだで午後までおしゃべりしていたので、弁当を食べたのは2時過ぎ。
極限的な空腹状態に弁当をかきこんだので、食後は急速な睡魔に襲われ、眠気覚ましに階段昇降運動でもしようと二階に上がると、ホンワカした陽だまりができていて、そこに座りこんだところで記憶が途切れた。

・・・気がつくと、大の字になってガッツリ寝てたワケなんだけど。

なんだか懐かしいような、気持ちのよい夢をみて目が覚めると、ちょうど太陽が山端にひっかかったところで、オレンジ色の西日が布団のように私の体の上を覆っていた。

しみじみとした幸福感のようなものに満たされながら、同時に、言いようのない孤独に、体の中がぽっかりした。

どんなに幸せでも、それを分かち合う人がいなければ、きらきら光る美味しくて豊かな水を、小穴のあいた器に注ぐようなもの。

でも、孤独でしか得られない幸せもあるんだよな。


・・・と、まぁ、春はいろいろな思いを持て余す季節。

2009/03/18

3面クリア



大枚はたいて買ったロール・カーテンがスケスケで何の用も足さず、結局二枚重ねにするはめになったスケルトンハウス手ごね小屋。
ロール・カーテンの布の質感は大変気に入っているので、その雰囲気を壊さず、かつ、遮光性の高いモノを探し求めて、麻素材のすだれタイプを採用することに。

ところがコレ、すだれのくせに、結構なお値段なのね。

織り方に特殊技術をこらし、「透けるのが特徴の麻なのに、高い遮光性を実現!」がウリ。
たしかに、すだれタイプの中ではコレにまさるモノはないので、仕方ない。

でも、フトコロ事情もあるので一気買いするワケにいかず、一か月に一本づつ地道に買い足してゆくことにしたんである。

そして、今月のぶんを、本日購入。
これで、家の前の道路から丸見えになる北サイドの窓を、すべて覆うことができた。

今までは、夜になるといちいち、つっぱり棒にシーツをかけて過ごしていたんであった。
超めんどくさい上に、超ビンボー臭い。

でも、東側の窓(上写真右端)はまだシーツのまま。
来月も無事に買うことができるんだろうか。
こんなことやってるウチに、製造中止とか、モデルチェンジとか、あるいは製造元が倒産とか・・ありうるよな。
あと2本あれば1階の窓はクリアできるので、なんとかあと2か月は持ちこたえてくれ、●AIKO。

しかし考えてみたら、すだれ用金具とヒモさえあれば、好きな布で自作できなくもないんだよね。
(↑ってことに今気づいた・・orz)。




本日は、隣市のデパートまで、果物を買いに行っていた。

今週末、実家で法要があるので、お供え用になにか果物を送ってよこせとリクエストがあったんである。


じつは、手ごね小屋の周辺には果物農家が多くて、近くを走る道路はその名もフルーツライン。
道端にはたくさんの果物直売所が並んでいる。

なので、今が旬のイチゴを産直しようと思っていたんだが、産地で買うものはちょうど食べごろの熟し具合なので、地方発送はできないとのこと。
ずらりと並ぶ直売所に軒並み断られ続けながら、フルーツラインを南下してゆくうちに、とうとう峠を越えて隣の市まで行ってしまったワケさ。

果物の名産地に住んでいながら、結局デパートのクソ高い果物詰め合わせを買う理不尽。
ちっ。

悔しいので、どこかおしゃれな店でランチでもしようと思ったのに、田舎生活が身についたせいか、なかなか適当な店を見つけられず、デパ地下で買ったおにぎりをエレベーターの脇で食べるという哀しい結末に。

こんなことなら、最初から弁当持参で出てくればよかった。



で、むしゃくしゃしたので衝動買い。

・・・衝動買いにしては渋すぎる南部鉄の鍋・・いと哀し。

でも炊飯用の鉄鍋は以前から物色していて、コレは意外なほど安かったのでイイの。
安いけど、ちゃんとホンモノの南部鉄なんだもん。

で、「あ・・衝動買いなんてしてる場合じゃないぜ。カネがあるならすだれ買わなくちゃ、すだれ!」と思いだし、帰りにジョ●フルホ●ダに寄って今月分のすだれ買って、ついでに、木材とかステンレスパイプとか接着剤とかウォッチングしたら、すこし機嫌がなおった。



そんなこんなで、本日は弁当なし。

2009/03/17

弁当・・・飽きた


たまには、カレーライスとか、スパゲティとか、食べたいよ。

天ぷらそばとか、かつ丼とか、チャーシュー麺とか。
特製松花堂弁当とか、カニしゃぶとか、松坂牛ステーキとか。
舌平目のムニエル気まぐれソースとか、シェフのおすすめフォアグラソテー小悪魔風とか、子羊のパイ包み焼きマリアカラス風とか、季節のデザート盛り合わせとか。
(妄想爆走中)
食べてぇーっ。





パック保存してある冷凍ご飯をこんなふうに蒸す。

今日の中身。
・シメジ・じゃがいも・トマト&その他クズ野菜入りオムレツ・スパニッシュ風(どこが?)
・カブ
・トマト
・大豆煮物(ご近所さんからの差し入れ)




たまには進捗状況も。
布貼り完了。
布を貼ったら、表面の質感のせいで陰影が変わるので、顔の表情もちょっと違って見えてくる。
・・・オッサン、なんだか下卑た顔になった。
とたんに、ヤル気減少。
2009/03/16

まだ 弁当な日


みんながほめてくれるからって調子にのってる・・・ワケじゃないんだ。
・・・ワケじゃないんだが、本日も弁当です。
えへっ。

弁当って、とってもイイ。
弁当生活になってから、体の調子もなかなか良いし、無駄な間食も減るし、午後も集中力を保持できる。


こんな私でも、このところわりと真面目にやってるんです。

まぁ、真面目だからと言って、必ずしも製作順調とは限らないんであるが・・な。(-_-)



今日のせいろ。
・ダイコン(いちおう下ゆで済み)
・レンコン(土浦名物)
・マイタケ
・スナップエンドウ
・芽キャベツ
・わさび菜
・ミニ茶碗蒸し
(以上がせいろに同居)
・サバ味噌煮(昨夜の残り)
・トマト

今日の失敗。
・蒸し時間が短かすぎて、レンコンが固かった。
・すべてのおかずがサバ臭に侵されていた。
・ご飯をぎゅうぎゅうに詰めすぎた。
・わさび菜は蒸すのに不向き。
・見た目がマズそう。もっときれいに詰めるのが課題。



ますます開花が進む河津桜。

ふと見ると、ハチが来ていた。



こんな小さな桜の木でも、ハチはちゃんと見つけてくれたんだね。