FC2ブログ
2010/10/10

キモノキロク2010.10.8


 

 
金曜日、益子に行ったときのキモノ。
 
趣味が似てるので、どことなく「おそろい」感のある二人です。
 
 
いつも徹底的にこだわり抜いた着こなしを見せてくれるキモ友A子さん。
 
この日の装いは、古い結城紬の反物を袷に仕立てたもの。
もともとは男物で、渋いコゲ茶に細い縞。
古い結城はとっても糸が細くて、薄いので、袷なのに軽やかでした。
 
帯は、端っこにミラーワークが施されている、インドネシアのアンティーク布。
渋い色なのに、時々小さなミラーがキラリと光って、面白いです。
 
帯留は、本物のアンモナイトの化石です。
なんだか私が作ったナンチャッテ帯留にそっくりで笑っちゃったんだけどさ。
 
 
私は、竹の柄の単。
生紬の柿渋染めの帯。
 
このキモノ、反物で買ったんですが、「芭蕉結城」っていう、まったくナゾの証紙がついてたんです。
芭蕉結城・・・・・なんだ、それ?
織られた場所も織物も書かれてはおらず。
以前結城の織り元さんにおじゃましたときに聞いてみたんですが、やっぱり正体はわからなかったのです。
「芭蕉」と書いてありますが、絹100%で、もちろん絹芭蕉でもないし、そもそも夏物じゃありません。
全く普通の、たとえば良く見かける西陣の紬みたいな風合いです。
ただ、布端がピンキングバサミで切られていたのが気になったけど。
きっと中国あたりで織られたものなんでしょうね。
じつは、反物の値段、1000円でした。
 
と、まあ、いろいろ怪しい感じはしますけど、お仕立ては「和裁工房まゆ」さんにお願いしたのでシャンとして着心地良いし、なかなか気に入ってます。
竹の柄だしね。
 
帯留は、輪島で買ったもの。
2007年に起きた能登大地震の時についた傷が残っています。
 
 
キモノで過ごすのに、ちょうどよい気候です。
もっとたくさん着たいなあ。
 
 
スポンサーサイト



2010/10/07

キモノキロク


 
キモノを着た日の記録です。
 
9月11日は、津軽こけしツアーのメンバーが再び集結。
夜は蕎麦屋でバースデー宴会でした。
オさんは染めの紬、Ozさんは縞にバッタ柄のお召、豆さんはチェックの木綿になんとコケシ柄の帯、ワタクシは遠州木綿にブドウ柄の帯。
夜でもまだまだ暑くて、着付けただけで倒れそうでした。
 
9月26日。
自分で作った久留米絣。
身丈と裄はヨカッタものの、衿がふにゃふにゃで体に沿わない。
良い生地なのに、もったいない・・・。
茶色に近いレンガ色・・・という印象でしたが、屋外で見ると真っオレンジ色!という感じです。
ちょっと気恥ずかしい・・・。
 
10月7日。
落ち葉の織り柄の紬の単です。
素朴な水彩画のような優しい色使いですが、私には明るすぎるので、帯に作り替えるつもり。
解くまえに着てみました。
帯は、桐生の夢の店(笑)で買った化繊の半幅。
半幅帯の使いこなしがヘタなので、なかなか出番がなかったんですが、ようやく締めてみました。
しかし、見よう見まねの限りなくテキトー結び。
なんか、横っちょ向いてますな。
ほどけそうだったので帯締めしてます。