FC2ブログ
2011/04/10

白っぽい気分


 
ぐぁっ!
カメラのシャッター押した瞬間に、襲われました(@_@;)
 
帯締めの結び目に思いっきり足かけて、肩に爪たててます。(汗
おーい。
 
茶系の紬を着るつもりで、薄緑に橙色の花柄がある半襟に替えたんですが、着ている途中で気分が変わって、この着物にしました。
なんだか明るい色が着たくなったんですね。
 
帯は、カサッとした手触りの紬地に、刺し子が施されたもの。
カジュアルな雰囲気の柄なのに、もともとは袋帯だったんでした。
使いづらいので、ちょん切って名古屋帯にしました。
ちょん切った切り口の処理がイイ加減なのが気になるところですが、気になりながらずっとこのまま使ってます。
 

 
 
 

今日は、満開の桜が飾られているギャラリーへ。
 
個展をやっていたS川さんは、会期中ずっと着物で、しかもずっと桜の帯をされていました。
桜の帯だけでも一大コレクションらしいです。
全部見たかった・・・。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



2011/04/09

羽織デビュー


 
仕立て上がった羽織、はじめて着ました。
「埋蔵キモノ再生化計画その2」(http://blogs.yahoo.co.jp/fujikoko2000/60541590.html)で再生化を果たした羽織です。
京都の仕立て屋さんにお願いしました。
 
紬のキモノを羽織に仕立て直したものですが、思っていた以上に生地がしっかりと分厚くて硬くて、ちょっと重い感じ。
衿がゴツゴツしてしまってます。
裄もあまり出せなかったので、MYサイズのキモノの上に着ると袖が飛び出してしまいます。
それでも、初めての正絹の羽織。
これから活躍すると思います。
 
この日のキモノは、桜の八掛けをつけた紬と、その余り布で作った帯。
2月に着たの、そのままです。
まあ、ようするに半襟を変えるのが面倒だったんだな(-_-;。
でも帯揚げだけは明るい色にしてみました。
ozawamiさんのタマネギ染め。
羽織紐もozawamiさん作です。
 
 
 

 
春の光が気持ち良い一日(4月1日)。
こんこんギャラリーにキモノ好きが集まって、おやつの時間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
会場内には梅の枝が飾られて、空気までピンクに染まっている感じです。
 
 
 
 
 
 

 
 
Y子さんの後姿。
 
グレー地の塩瀬、はらはらと散る桜が詩的な帯でした。