FC2ブログ
2011/12/30

キモノな年の瀬


 

 
昨夜はこんこんギャラリーの忘年会。
メンバーの人たちは日中から集まってギャラリーの大掃除でしたが、私は宴会だけ参加するのでキモノです。
今年最後のキモノかな。
 
古着で買った十日町紬。
身丈も裄もちょっとづつ短めですけど、そのまま着てます。
帯はネットで衝動買いしたポリ。
かぼすとのりしおを足して2で割ったみたいな顔のネコです。
お太鼓にしか柄がないので、お腹まわりを賑やかにするために、帯留「招き猫なのによく見ると何も招いていない猫」(自作)をつけていきました。
 

夜はしんしんと冷えますが、純毛ハイソックス足袋をむりやり引っ張り上げてニーハイにして履いてます。
それだけで寒さはほとんど感じません。足元って大事なんですねぇ。
 
メンバーの自宅での宴会なので、羽織は大仰だしコートは脱ぎ着が面倒だなと思って、真之介さんに頂戴したお手製の袖無上っ張りを着ていきました。
有松絞りです。軽いのにふっくらしてぬくぬくです。
 
 
宴会の料理は各自1品の持ち寄りでした。
料理上手な人ばかりなので、工夫を凝らした豪華料理が並びます。
もちろん器もいちいち素敵。
 
私はというと、ちょうど北海道の叔父が送ってくれたイクラがあったので、イクラ寿司に。
軍艦巻きにしようと思ってたのに海苔を買い忘れたので、ニト○で大量買いした99円の小鉢に盛って、一口サイズのイクラ丼にしました。
 
物を増やさないように心がけてますが、やっぱり良い器が欲しくなるなぁ。
 
 
スポンサーサイト



2011/12/21

黄八ってみましたin茨城


 
ずっと黄八りたいと思いながら、ようやく本日、なんとか黄八ることができました。
 
町内のお宅へ、お直し完了した帯をお届けにあがるのに、やや強引ではありますが、キモノ着ていきました。
こうでもしないと、なかなか着る機会がありません。
 
黄八と言っても、産地不明の鳶八丈。
お買い得だった反物を、まゆさんに仕立ててもらいました。
ツルツルしすぎないシャリッとした質感で、着やすいキモノです。
しかし意外な盲点は、帯合わせが難しいこと。
あまりきっぱりした色の帯を合わせちゃうと、時代劇風になってしまいます。
町娘とか女中さんとかのコスプレならイイんですけどね。(←たまにやってみたい)
 
で、散々悩んだ末、インドの木版刷りの半幅に。
相変わらず半幅は上手に結べないんですが、見よう見まねのぐずぐず吉弥結びを帯締めで押さえています。
 
これまた着る機会を逃しがちな、紬リメイク羽織を着て行きました。
 
 
すごく寒い一日でしたが、美味しいうどんを戴いて、ほっこり。