FC2ブログ
2013/01/05

トモダチとキモノなお正月


 
新年あけました。
 
今年もぼちぼちとキモノ着ていきたいと思います。
 
 
さて、今年のキモノはじめは、大晦日から滞在していた友人と。
一緒に年越しをして、元旦も一緒にキモノ着ました。
 

 
私は紺色の大島。
すっかり遠ざかっていた大島ですが、久しぶりに着ると軽くて着やすい。
相変わらず右の襟がずれてしまいますが。
 
帯は、お正月の定番になっている京紅型。
水色のちりめん帯揚げ。
緑色の三分紐。
帯どめはシルバーの梅の花。
 
 
 
 

 
友人は、伯母様から譲り受けた小紋。
仕立て直したものを、初おろしです。
 
当初ピンクの八掛がついたお嬢さま仕様でしたが、八掛を黄土色に替えて仕立て直したら、地色の茶色が引き立ち、落ち着いたオトナの着物になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
この日は、近所の陶芸家さんの窯開きへおじゃましてきました。
毎年元日の恒例になっていて、みなさんキモノで集まります。
 
 
 

 
2日になりました。
この日も連続でキモノです。
 
義祖母の形見の着物を継ぎ合せて仕立てた大島。
アンティークの昼夜帯と合わせました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
この日の友人は、十日町ではないかと思われる紬です。
こちらはお母さんから受け継いだもの。
 
おしゃれなお母様だったので、八掛は鮮やかなグリーンがついています。
 
 
 
 
 

 
と、いうワケで、家の前で記念撮影。
普段はこういうこと、なかなか思いつきません。
 
日中は暖かくて、ショールはたたんでバッグの中です。
天気も良かったし、友人のおかげで良いお正月を迎えられました。
 
 
2013年、楽しくて平和な1年でありますように。
 
今年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おまけ。
 
今年も笠間稲荷でコンニャク食べました。
・・・去年よりちょっと薄くなった気が・・・
 
「着物よごすヨ」と心配されながらかぶりつきました。
おいしかったデス。
これも毎年の恒例になりそうな気配。
 
スポンサーサイト