FC2ブログ
2013/11/28

ちりめんの羽織


 
 
 
初おろしの羽織。
今年の春、まゆさんのバーゲンで仕立ててもらったものです。
 
仕立てあがってから、ずっと着る機会を逃していたので、突然思い立って着ました。
 

 
なんとも雰囲気のある柄で、人形衣装に使うつもりで買ったんですが、眺めているうちに羽織にして自分で着てみたくなったんですよね。
 
シボの深い、ぽってりした地厚のちりめん。
ズッシリ重いです(^^;
 
これ着尺だったんですが、こんなロマンチックでクラッシックな着物、似合う人が着たらステキだろうなあ。
 
・・・憧れはあるんですがね。
私の場合、着物としては絶対似合わないと確信するし、着る機会もないだろうから、せめて羽織にしてシブーいコゲ茶系の紬に合わせようと思ったんでした。
 
 
 
 
 
 
 

 
筋目の塗り下駄。
しましま鼻緒。
右足先にあるのは、いっちょまえに紅葉している実生のヤマモミジ。
 
着物は雑木染めの伊那紬。
渋い紬に合わせるつもりの羽織だったのに、初おろしはこんなぼんやりした着物になってしまいました。
たぶんそんなぼんやり気分だったんだな。
 
帯は、タイシルクのショールを名古屋に仕立てたもの。
A子さんの持ち物だったのをいただきました。
これも初おろしだったのに、お太鼓を撮るのを忘れてしまったッタイ。
 
 
 
 

 
ひさしぶりの着物サロン(ウソ、おなじみの地元ギャラリーです)
 
本日は、A子さんがギャラリー当番だったので、遊びに行ってきました。
 
変わった色の久米島紬に、帯も紬の端切れをパッチワークしたもの。
むふーン、晩秋の雰囲気ですね。
 
 
 
 
 
 

 
 
A子さんの装いでいつも感心するのは、帯締めと帯揚げの色。
 
シブい着物と帯に、やさしい色の帯締めが、なんだかホッとさせるんですよね。
 
そのテクニックを参考に、私も(今日している)象牙色の帯揚げを買ってみたワケなんですが、なんでも衝動的に買ってしまうので、いざ組み合わせるとなると、なかなか悩みます。
 
 
スポンサーサイト



2013/11/19

浜松紬


 
 
東京で仕事関係の会食。
 
夕方からの予定で帰りは夜中になるので洋服で行きたかったのに、何を着ていけばいいのかわからなくなって、結局キモノ。
 
 

 
すっかり気に入ってしまった浜松紬。
とっても着やすい。
好きな色なので、小物の色合わせも考えやすいし、着ていて安心感がある。
 
これもお気に入りの男物の羽織にもぴったりだし、まったく悩まずに全身のコーディネート完成。
 
まぁ、帯は昨日のがそのままぶら下がってたので、何も考えずに決めてしまったんですが。
 
古裂パッチワーク帯。
抹茶色のぼかしの帯揚げ。
群れ雀の帯留。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
細縞の塗り下駄に、○谷川商店の女将に「下駄にすげるには高級すぎる」と言われた鼻緒。
最初の台はかかとが壊れてしまったので、鼻緒だけとっておいて、これは二代目の台。
 
足袋は、いただきものの「伸びる足袋」。
裏起毛なので暖かい。
 
 
 
 
 
 
 

 
今日は久しぶりに高速バスを利用しました。
 
田舎で、乗降者も少ないので、高速道路のすぐ脇に、ぽつねんとバス停があるんです。
 
眼前をびゅんびゅんと車が走り抜けていく中、バスは私を見つけてくれるんだろうか?という不安、そして、こんなありえないような場所にぽつんと立っている孤独、その他いろいろなことに耐えながら待つのです。
 
はたして、バスは定刻にやってきて、飛びはねて手を振ったりしなくても、ちゃんと私を見つけて、乗せてくれました。
 
 
2013/11/17

おおあわて


 
 
昼12時の約束で、そこに到着するまでに30分かかるのに、顔を洗い始めた時点で10時40分。
しかも、昨日の夜なんだか疲れて早く寝てしまったので、今日着てゆくキモノの準備まったくしてません。
 
そして、ドタバタ準備している最中に連絡が入り、「午後の予定が詰まっているのでランチ時間を30分早めましょう」ということに。
 
ふふ。
なかなかのピンチですな。
 
で、たまたまハンガーにかかってたキモノと帯、そのまま引っ張り下ろして着ていきました。
10分弱で着付け、いつもは30分かかる道を20分ちょっとでカッ飛ばしました。
 
ほっぺたにシーツの跡が残ってましたが、気にしないことにしました。
頭のてっぺんの寝グセは、もう仕方ありません。
 
 

 
上の写真は西日が正面からあたる場所で撮ったので、もう一度、ちょっと場所を替えて撮ってみました。
 
羽織の色は上のほうが近いんですが、着物の色はこっちが近いかな。
 
とりたてて特筆事項のないコーディネート・・・
あ!いや、思い出した。
帯揚げが、買ったばかりの象牙色なんでした。
私にはめずらしい色。
 
先日、キモノ友達A子さんに、大阪行きの着物をコーディネートしてもらった際、私の帯揚げと帯締めを入れてある箱を見て、「白っぽい色がない」と発見したんです。
次に買うべきものがあるとすれば、白っぽい帯揚げと帯締めだ!と。
 
で、とりあえず、この帯揚げを買ってみました。
帯締めはまだ検討中です。
 
 
 
本日は、久しぶりのフレンチレストランでのランチ。
その後、陶芸美術館へ。
 
あっというまに日が暮れてしまうので、帰り着くころにはすっかり夜。
冴え冴えと光る月明かりの中を帰ってきました。
 
で、家に帰ってから鏡をみると、寝ぐせがまだピーンと跳ねたままでした。
 
 
2013/11/12

こげちゃ ふたたび


 
 
ちょっとした用事で笠間へ行くことになったので、菊まつりをもう一度見てきました。
 
先日と同じような組み合わせですが、本日は柿渋紬です。
 
で、この羽織がすっかりお気に入り。
 
軽くて、温かくて、汚れも気にならず、大変重宝しています。
なにより、着ると気持ちが落ち着くんですよね。
好きな色のせいなのか、鎧で守られているような心強さ。
 
 

 
帯は、生紬にインドの木版刷り。
一目ぼれして衝動買いしたものの、使いこなせずに眠らせていたんですが、半幅の結び方を覚えたので、久しぶりに引っ張り出しました。
相変わらずひとつ覚えの「角だし風」ですが、締めるたびに、独自の変化を遂げつつあります(^^;。
 
ま、どうせ羽織を着ちゃうので、なんでもイイんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
もう一度菊まつりに、わざわざキモノで行ったのには、理由があって・・・
 
この襦袢を着て行きたかったんでした。→
 
ポリのうそつき襦袢ですが、菊の柄が気に入って、身頃のさらし部分が黄ばんでヨレヨレになってしまったのを、同じようなうそつき襦袢を買って、袖を付け替えました。
 
しかし、日中でもキリキリするような冷たい空気だった本日、ポリ襦袢では寒くて大変でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
下駄はねずこに縞の鼻緒。
左右で色の違う足袋。
 
 
あちこちに銀杏の実が落ちてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
2013/11/09

こげちゃ


 
 
こんなに分厚くてどうしよう?!と思っていた出羽木綿が、今日はちょうど良い。
 
いよいよ初冬という感じの気温になりました。
 
 

 
出羽木綿に、京都で買った和更紗の半幅。
一つ覚えの角だし風。
 
この和更紗は木綿で、明治から大正頃の男性用の中着を解いて仕立て直したものだそうです。
 
 
分厚いうえに、固かった出羽木綿。
二回ほど洗濯機で洗ってみました。
それほど変化は感じられませんでしたが、初めて着た時よりはゴワゴワしない気がします。
 
羽織は男物。
「ふり」を解いて女仕様にしてあります。
ozさんのおさがり^^。
 
羽織ヒモはbさん作。
気に入っていつも使っています。
半幅帯で、帯締めをしない時には羽織ヒモの存在が引き立ちますねぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
下駄は津軽塗り。
ヨソ行きにしてるんですが、いつのまにか左右とも先の角が欠けていて、軽いショック。
 
菊を見にいったので、足袋は菊柄。
 
全身焦げ茶っぽくて、どこか大店の旦那みたいなシブさですが、こういう色合いは気持ちが落ち着きます。
 
2013/11/07

大阪&京都でのキモノ


 
大阪&京都の旅を終えて、昨夜帰宅しました。
 
A子さんにコーディネートしてもらった着物と帯。
せっかく出発前日に練習したのに、その甲斐もなく、いつものように右襟がグズグズです。
 
後ろに写っているのは、この日泊めていただいたお家でごちそうになった朝食(を片付けたあと)。
家主は今回の催しの主催者で、激多忙にもかかわらず、この夜泊まったJさんと私のために、心も体もぽっかぽかになる最高のもてなしをしてくれました。
 
心ゆくまでおしゃべりして、ぐっすり眠って、朝(というか昼)ふわふわの布団で目覚めた時、家の中はすでに無人・・・・(^^;。
 
超人的パワーで準備しておいてくれた、けれども、どれもふっくら優しいお味の朝食を、ゆっくりじっくり戴いて・・・その後、ちょっと焦って着付けて、出かけました。
 
馴れない場所での着付けはまだまだ苦手。
何度やっても裾が広がって、スカートみたいになっちゃいます。
 
 

 
一応キモノブログ(のつもり)なので、イベント詳細は置いといて。
 
大阪の仕事を終えて、京都へ移動。
キモノ友達と合流して、京の街を散策しました。
 
この日は半幅帯を締めてます。
ちょっと肌寒かったので、雨用に持って行ったポリ羽織を着ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
キモ友、ozaさんのキモノ。
 
赤の大島に、ノブドウの羽織。
 
ンのっはーっ)^o^(。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ozaさんのバッグの中から覗いている小さいヒトもキモノ姿・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
京都も遊び目的ばかりじゃなく、一応は「研修旅行」と銘打って、型染め工房見学などもしたんですが、その前にちょっとだけお買いもの。
 
アンティーク和更紗の布で作られた半幅を買いました。
 
これからは半幅を使いこなせるようになりたいんです。
 
 
 
 
 

 
ここが見学させていただいた工房。
 
その詳細はいずれまた。
 
 
 
 
2013/11/01

練習


 
 
旅行に持っていく予定の着物。
しばらく袖を通していない着物なので、具合を確かめるために着てみました。
 
ずいぶん前に仕立てたものなので、裄もくりこしも身幅も、今とはちょっとづつ違います。
 
この当時から激安反物を見つけては喜んでましたが、まだ安いお仕立て屋さんなど知らなかったので、これもたしか百貨店の呉服屋さんで仕立ててもらったんでした。
 
 

 
半幅帯を上手に使いこなしたいんですが、まだまだ苦手です。
 
で、今日は練習がてら、半幅を結んでみました。
ネット動画で見た「角だし風」という結び方。
 
前で結んでくるりと回す方法ですが、うまく後ろ中心に命中するのが難しいです。
 
←ちょっとズレてしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
薄紫色の足袋っくす。
丸く面取りしてある塗りの桐下駄。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013/11/01

スタイリストのりしお


 
 
土曜日からの旅行に持ってゆく着物を準備しています。
 
シーンは「朝から着て、日中はなんだかんだと動いて、そのまま夜のパーティー(ドレスコードなし)」という感じ。
 
なので、着物は紬ですが、少しだけ「シャレ」路線で。
ダジャレのシャレではなく、お洒落のシャレですよ。
・・・いきなり苦手分野です。
 
着物関係の集まりではないので格がどうの立場だどうのと言う人はいませんが、着席のディナーパーティーなので、絣や縞だとくだけすぎてるかなぁと思ったんでした。
いつもなら、こういうシーンではオモシロ柄のポリ小紋を着るんですが、今回は朝から着て一日を過ごすので、正絹の紬のほうが動きやすくて過ごしやすいでしょう。
 
そんなワケで、キモノ友達のA子さんに着物と帯を選んでもらいました。
 
で、着物は、「似合わない」「着物に負けている」と言われ続けている濃紫とグレーの染め分けの紬。
まぁ、絣や縞ではくだけすぎ、色無地ではかしこまりすぎ・・・となると、ほとんど消去法でコレに行きつくんですが。
二回程度しか着ないまま死蔵しているので、苦手意識を克服するためにも、この着物に挑んでみようと思います。
ちょっとしか着てないはずなのに、あらためて見ると襟や袖に汚れがついていて、A子さんがついでにシミ抜きまでしてくれました。
 
この紬に合わせて選んでもらったのは、古布パッチワーク帯。
これまたシブいチョイスですが、秋らしいし、けっこう個性的なので、今回の場にはふさわしいかもしれません。
二部式帯なので、持ち運びもラクです。
 
と、A子さんによるスタイリングはここまで。
 
小物は後日・・・ということになっていたんですが、もう出発まであまり時間がないので、あとは自分で考えてみることに。
 
で、あれこれ悩んでいる最中の様子が、上の画像なワケです。
 
 

 
そこへ、のりしお登場。
 
帯締めに悩んでいると、「コレ、いいんじゃニャいの~?」と、前足の爪に引っかけて(汗)、持ってきてくれました。
 
まぁ、たまたまいじっていたら爪に引っかかっちゃっただけなんですけどね(^^;。
 
でも、偶然とはいっても、なんとなく合ってますよ。
 
 
コレに決めます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
「ほら見て、こっちの半幅帯にもよく合うニャン」
 
 
なるほど、たしかに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
えーとセンセイ、この半幅はリバーシブルなので、裏面を出して締めるかもしれないんですが。
 
 
「そぉ?・・じゃ、帯締め、これニャンかどう?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
「ほら、白ナンテンの柄の色にもぴったりニャな~い?」
(それにこの帯締め、爪のささり具合もグッドだワ)
 
おお、そうですね!
さすがセンセイ!
 
 
そんなワケで、小物類はのりしおセンセイのセレクトしたモノを持っていきます。
 
 
 
 
 

 
 
「じゃ、あとは、恥ずかしくニャいようにしっかり着付けてがんばるのヨ!・・・ふぅ、疲れたワ」
 
 
はい、ありがとうございました。