FC2ブログ
2014/01/26

キツネ色 その2


 
 
キツネ色といえば、こんなのも持ってたんでした。
 
着やすそうだと思って買ったものの、これも意外と帯合わせが難しくて、ちょっと遠ざかっていた戸屋紬。
コレに合うなあと思える帯は1本か2本しかないので、いつも同じ組み合わせになってしまうんですよね。
 
で、今日は何も考えず、たまたまぶら下がってた帯を締めてみました。
こんなふうなざっくりした選び方で、新しいグッドマッチングが生まれるのかもしれません。
 
 

 
本日は、きものサロン(笑)、いや、地元ギャラリーの当番日でした。
 
11時から夕方5時までギャラリーにいて、お客様の対応、作品解説やご購入の際には会計をします。
 
時々、喫茶の仕事もします。
 
 
 
 
 
 

 
 
なので、今日は前掛けを持っていきました。
 
しわくちゃ具合が、普段全然活用してない様を物語ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
本日のコーディネート(っていうほどのもんか?)の主役は、この帯留。
 
沖縄のかーいー人から頂きました^^
ふふ♪
 
スポンサーサイト



2014/01/24

キツネ色


 
 
知人のお母様の持ち物を譲り受け、洗い張りして仕立て直しました。
 
まゆさんにお願いしていたのが昨日届いたばかり。
身幅はたっぷりでも丈が短かったので、胴を別布で継いで、裏は胴抜き仕立てにしてもらい、軽い着物になりました。
 
私自身の母や祖母から受け継いだ着物はまったくないので、こうして誰かの大切なものを譲り受けることに憧れを持っていて、晴れがましく、同時に身が引き締まるような思いになります。
 
これからたくさん活用させていただく所存。
 
 

 
 
・・・が、合わせる帯が意外と難しい。
 
イメージとしては、焦げ茶色のざっくりした織りのシンプルな八寸。
でも持ってないので、本日は小紋から仕立て直した自作の帯で。
 
焦げ茶の紬の端切れをつなぎ合わせて帯を作ってみようかな?
半襟に使っている十字絣の紬地も好きな焦げ茶です。
この着物の胴継ぎにも使ったし、他にもいろいろとずいぶん使ってますが、まだ少し残りがあります。
焦げ茶系のいろいろな絣の端切ればかりを集めて切り嵌めするのも楽しそうです。
 
・・・って、言うだけなら簡単なんだけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
本日もきものサロン(笑)、いや近所のギャラリーへ。
 
A子さんがギャラリー当番の日は、着物率が高いのです。
私とはすれ違いでしたが、他にもお二人の着物のお客様があったそう。
 
着付けの練習や、お出かけのついでや、気分転換に、「そうだ、せっかくキモノ着てるんだから、あそこへ行こうか!」という場所になりつつあるようです。
 
 
 
 

 
本日の着物姿勢ぞろい。
まぁ、いつも顔を合わせるメンバーです。
 
左がワタクシ。
今日も全員紬ですね。
 
 
 
 
 

 
はい、後ろ向いて。
 
全員どことなく趣味が似通っているので、誰がどの着物をきても、どの帯と交換しても、それなりに似合いそうな気がします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
これもいつもの、履物大集合。
 
これもまた、誰のと交換することになっても嬉しいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/01/22

笹×竹


 
 
先日の笹柄ポリ小紋に記憶が誘発され、ずいぶん前、竹柄がほしい病の真っ最中に購入したモノを引っ張り出してみた。
 

 
どう着ても、小料理屋の女将か、あるいは舞台衣装みたいな感じになってしまう笹縞小紋。
 
それと、竹の昼夜帯。
昔っぽく作られているけど、たしかポリだったはず。
 
クドい組み合わせだけど、おそらく今後二度とこんな組み合わせで着ることはない予感がするので、思い切ってやってみた。
 
着物も帯も、ズルズルすべってめちゃくちゃ着付けづらい。
 
写し忘れているけど、もちろん足元は竹柄の下駄。
羽織は、いつものozaさんのおさがりではなくて、材料箱に放り込まれていた男物。
動くたびに、どこかがピリリッと破ける音がしていた。
 
 
平日の人の少ない美術館で、ゆーっくり与勇輝の人形を鑑賞。
 
着心地が悪いワケではないけど、たれ物は肩が凝るんでありました。
 
 
2014/01/20


 
 
オクで落札したものを早速着てみた。
 
説明には「正絹」とあったので、仕立て直して羽織にしたいと思ったんでしたが、届いてみるとポリでした。
いい柄でサイズも大き目なのになかなか値が上がらないのが不思議でしたが、じつはみんな説明間違いに感づいていたのかな?
でも、好きな色柄なので、このままポリ着物として活用しようと思います。
 
一時期、笹とか竹の柄見ると欲しくなる病におちいっていたワタクシですが、その後遺症は今も続いてます。
 
 

 
外出には、焦げ茶の男羽織を着ていきました。
朝は雪が降るほど寒かったんですが、近場へ車移動なので襟巻も手袋もナシで出かけてしまいました。
 
帯は大正ロマン風の現代物。
縞に、ところどころにレトロなランプや時計などが刺繍されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ほら、下駄も竹の柄。
 
思えば、この下駄が私の「竹の病」の始まりだったんでした。
 
足袋はものすごく細かい格子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
いつものきものサロン(笑)、いや近所のギャラリーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今日はギャラリー当番さんがキモノ、そこへ隣町で月に二度開かれる骨董市へ出かけていた二人が大量の収穫物をひっさげて到着。
 
で、いつものごとくキモノ姿であふれたワケです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ただの田舎のギャラリーですが、着物姿が空気に馴染んで、だんだんと当たり前の光景になってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
お決まりの足元集合写真。
 
朝は雪だったので、防寒ブーツの人もいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今日のA子さん。
仕立て直したお父様のアンサンブル大島をお召しです。
すごくカッコ良かった。
 
でもじつは上写真の防寒ブーツはコノ人です。
不思議と違和感なくて、言われるまで気づきませんでしたけど(笑。
 
 
 
 
 
 
2014/01/18

きもの新年会 地元編


 
 
ホントは顔を隠したくないくらい、みんな満足げでイイ笑顔。
 
いつかやってみたいと思っていた、地元のキモノ好き大集合の宴会、とうとう実現したんです。
楽しかったし、嬉しかった~。
 
みなさん、私がブログで「きものサロン(笑)」と呼んでいる、近所の小さなギャラリーに顔を出している人たちです。
 
着物は持っているけど着る機会がない、着付けに自信がない、着てゆく場所がない、と日ごろから思っている人は日本全国に無数に存在するでしょうけれど、この日の我が家にも、そんな悩みを持った人たちが一斉に集まったんでありました。
 

 
最初から着物を着てくる人もいれば、持参して現場で着替える人もありました。
 
馴れない着付けはみんなで手伝い、帯や小物の組み合わせはワイワイと意見し合い、足りない小物は貸しあって、最後は全員が着物姿、あるいは着物っぽい姿に。
 
 
 
 
 
 
 

 
次々と着物姿が完成してゆきます。
 
一応新年会ですから、お料理もたくさん用意しましたが、もうそんなのそっちのけです(笑
 
別の着物に着替えてみたり、他の人の着物を着てみたり、帯を交換してみたり、防寒着を羽織らせてもらったり。
なんだか、まるで女子校の寮みたいなノリですね。
 
そして、この夜、「ご近所キモノ倶楽部」が正式に発足したんでありました。
 
倶楽部の規約はただひとつ。
「機会があればどんどん着物を着ましょう」
 
もちろん誰でもすぐに入会可です。
 
ああ、これからも楽しくなりそうダ。
 
 
ところで、この日ホステス役だったワタクシ、着付けの途中でお客様が到着してしまい、腰ヒモまでは結んだものの、帯を締める時間がなくて、宴会の間ずっと防寒上っ張りを着てごまかしてました。(ー_ー)
2014/01/09

あけました。


 
 
元旦のキモノ。
 
毎年恒例となった地元陶芸家の窯ひらき・・・ですが、ワタクシ、仕事が遅れていて大晦日から徹夜してまして、元日はお雑煮を食べてから昼寝。
もう出かけるのやめようかな~とか思っていたところをたたき起こされ(笑)、大慌てでキモノ着ました。
 
キモノはピンクっぽいぜんまい紬。
帯はいつもお正月に締める、なんとなくおめでたい京型染め。
羽織はいつもの焦げ茶の男物。
 

 
これもまた、恒例になった集合写真。
 
ワタクシは手前で陶のお面をかぶっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
かなり寝ボケてますが、せっかくなのでそのまま笠間稲荷に初詣。
 
もちろん仲見世でコンニャク食べましたよ。
これは絶対にはずせません。
去年よりコンニャクがちょっとだけ厚くなっていました。
ふむ。
どうやらここのコンニャクの厚みは日本経済の動向に左右されるようですな。
 
昨年より暖かく、コートなしで羽織にショールです。
初詣客も多くて、賑わっていました。
 
 
 
 
 

 
さて、世間的には正月気分も抜ける頃になって、ようやくゆっくりした時間を得た本日のワタクシ。
 
地元ギャラリーでお抹茶をいただいてきました。
 
出羽木綿に、アンティーク着物屋で昨年末に購入した型染めの帯。
紬地の羽織。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
久しぶりにつけた、チタン製の帯留。
冬木立(と思い込んでいる)の中のキツネ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
本日のキモノサロン(笑)に集うメンバー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ワンコも来た。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
めちゃカワイイ。