FC2ブログ
2015/06/28

梅雨の宵にセオα




久しぶりに夜のお出かけ。

田舎に住んで、夜の外食がめっきり減ってしまっていましたが、近くにオープンした洒落たイタリアンレストランのおかげで、時々気分転換に出かけるようになりました。




あっというまに単の季節も終わり。
今夜はキモノ友達と、最後の単で集まります。

夕方になって雨は上がりましたが、ものすごい湿気です。
そうなると、さっぱりした夏物で行きたいところですが、せっかく最後の単ですから、盛夏には着なくなるキモノで。

雨に濡れようが、泥はねしようが、パスタを食べようが、何の心配もないポリ紗。

撫○庵の、なつかしのセオαです。

全くの衝動で買ってしまってから、二度目の登場。
一度目は、購入翌日にお店の人に着用姿を見せにいったんでした。
そんなことするくらいだから、買った時はかなり嬉しかったんですね。

しかし、正直言って着心地は最悪。
蒸れるし、ズルズルするし、着ている最中に気分が悪くなるほど。
なので、その一度きりで、以降すっかり封印してしまいました。

えっと、セオαそのものは、最先端の科学技術で作られた素晴らしい繊維ですよ、ええ。
たしかに肌に直接触れるとサラリとしてます。
これを素っ裸の上に着るんなら、きっと最高に気持ちいいんだろうと思います。
ぜひ一度、素っ裸の上に着てみたいものです。

・・・あ!襦袢ならいいのかも。

・・・んんん、しかし、おそらく腰ひものところが擦れてかゆくなりそうだな。

とにかく、発売したての時に「おおお!」と思って買ってはみたが、その後は何か忌まわしいもののように遠ざけ続けていたセオαを、今日は久しぶりに着てみることに。

もう一度だけ着てみて、やっぱりダメなら、あきらめて手放すか、何か素肌に着られるものにリメイクしてしまおうと思ったワケなんです。


下着をできるかぎり風通しのよいものにし、着付けで汗をかかないよう早めに支度を始めて、焦らずゆっくり時間をかけて着ました。



帯は栗山工房の麻。
芯を抜いてあるので、軽くてスースーします。

帯留は銀線を埋め込んだガラス。













笹に雀。
今見るとあまり情緒のない雀ですが、当時は動物柄ならなんでもヤラレちゃってました(^^;
よく考えてみたら、子供のころから鳥は好きではなかったんですが。

それと、濃い色が似合うのだと勝手に思い込んでいた時期です。

久しぶりに袖を通してみて、着心地よりもなによりも、「似合わない」という事実を知ったセオα。

うーむ。


スポンサーサイト



2015/06/20

涼し縞にザクロ




薄手の遠州木綿の涼し縞に綿麻のザクロ型染め帯。



昨日に引き続き、これもまた自作のキモノ。
昨日のと違って、これは断然着やすい。
昨日のは初めて作ったもの、今日のは5枚目の作。
しかし、多少経験値は積んだものの、けっして腕が上がったというワケではなく、たまたま縫いやすい布だったことと、ちゃんとしたキモノ用の反物だったせいかと思う。

着やすいし、薄くて涼しい。
薄い遠州木綿は今の季節に最適。
困ったな、同じようなのをあと何枚かほしくなっている(^^;


2015/06/19

梅雨の定番




傘もようの帯。




キモノはどこか東南アジア製の服地用の布から作ったもの。
帯はプリント木綿。
どちらも自作。

仕立てのせいで、どちらもちょっと着難いんですが、濡れようが汚れようが全然気にならないので、天気のひどい日に出番多し。
でもこの組み合わせはなぜか初めて。

キモノは何度も着て何度も洗濯しているので、布がこなれてシワになりにくくなってきました。
















この帯と組み合わせることの多い、雲の陶製帯留。

雨は鬱陶しいけど、この時期が過ぎると暑くてキモノ着たくなくなるので、今のうちにせっせと着るんであります。