FC2ブログ
2016/05/31

暑いのか寒いのかわからない日の木綿



雨は上がったものの、梅雨みたいな湿気。
それでも気温はそれほど高くないので、もしかしたら胴抜きでも大丈夫だったかも。
今季最後の袷を着るチャンスだったのに。




でもやっぱり、もう着付けるときには汗をかきます。

単紬の予定だったのが、天気予報を見ていると夕方から天気が崩れるとのことだったので、急きょ木綿に変更しました。

着やすくてコーディネートに悩まない、涼し縞の遠州木綿。
かなり薄手で夏が近くても着られる着物です。
せっかくなら今時期ならではの、もう少し厚手の木綿にすればよかったんですが、今日みたいな「急きょ変更」とかの事態になると、ついこの着物に手がのびます。
ストレスなく着られるんですよね。

やっぱりいいなあ、遠州木綿。
じつは、つむぎの日セールでムラムラして、また反物買ってしまいました(^_^;)
ひゃは。

買わない宣言はとっくの昔に自然消滅してるので、いちいち反省する必要もないんですけど、やっぱり買いすぎです。

でもね、もう、木綿は何枚あってもいいんですよ。
いいことにしたんです、木綿は。
うん、いいんです。

ね?

往復2時間の運転後の撮影です。
思っていたほどの着崩れ状態ではないですが、やはりお尻の部分は、尻圧でぽっこり飛び出しています。
木綿の宿命ですが、それでも木綿はいいんです。

結局、予報されていた雨にはあたることなく無事帰宅。




今年の春、隣町の呉服屋のイベントで、目玉セールで特売していた帯締め。
半分の長さの冠(ゆるぎ)を、2本つなげて使うものです。
何色もある中から、知恵熱だしそうになりながら選んだ3色。
ちょうど桜の時期だったので、なんだか桜餅的な色合いになってしまいましたが、灰桜、退紅、苗色(今、和色大辞典で調べました)。

初おろしの本日は、灰桜と苗色の組み合わせ。




スポンサーサイト



2016/05/14

単の五月



先月のイベント以来、久しぶりにキモノ。

いつのまにか単でもいい季節になってしまいました。

胴抜き仕立ての着物がちゃくちゃくと増えつつあるので、こんな時期にもっと着ればいいんですけど、スカッと晴れた日にはやっぱり単に手が伸びます。



男物の安い紬反から仕立てた単。
糊抜きし忘れたのかな?と思っちゃうほど分厚くて固いんですが、デニム着物風にざっくり気軽に着ようと思って単にしたのです。

なので単の季節限定のつもりはなくて、スリーシーズンがんがん活用するはずだったんですけど・・・しばらくご無沙汰でした。

固い生布の着物、わりと好きです。
気分的には木綿。

帯はインドの木版バティック。
魚の骨みたいな面白い柄ですが、たしか樹か花が意匠化されたものなんですよね。


またヒザの裏あたりにシワができてます。
下前をひっぱりすぎてるんですね。














今日は下駄の鼻緒も、帯とおそろいの柄です。
別の布で地色も違いますが、同じ柄。















下駄といえば、今日は下駄の鼻緒をすげてもらいに履物屋さんへ行ったのです。

一緒に行ったC子さんは、樺細工の下駄に型染めの鼻緒。





















私は、先日作ってもらったウッドバーニングの下駄に、柿渋染の鼻緒をつけました。













2016/05/09

忙しすぎた



ずいぶん日が経ってしまいましたが、4月のイベントで着た着物。
右から、Y子さん(縞の結城紬に型染めちりめん帯)、ozさん(緑地に蚊絣の結城紬にアンティーク手描き更紗帯)、ワタクシ(紫色の飛び柄の絣の紬×更紗風ちりめん帯)。

たしか2日目あたりだったか?(もう忘れてる(^_^;))。

のべ日数8日間のうち、7日間はキモノ着てたはずなんですけど、自分用の記録写真は全然撮れず。
毎日ものすごく楽しく、そして忙しかった。
帰宅するともうぐったりで、ゴハン食べて寝て、で、朝になってからあわてて着るモノを準備するんですが、ウチに合宿中だったozさんのおかげで、コーディネートは5分もかからずに決まります。
自分ひとりでは思いつかない組み合わせに毎回感心して、今後のためにもちゃんと記録しておきたかったんですが、記録も記憶もできないまま、どんどん忘却の彼方・・・

かろうじてozさんが撮ってくれた写真があったので、キモノ記録として載せておきます。



右 紫地に蚊絣の大島×江戸型染め帯
中 茶色地に格子柄の紬×絞り生紬のピンク色の帯
左 遠州木綿(山路)×絞り生紬の薄紫色の帯

記憶をたどれば、この他には、格子の浜松紬×ozawami型染めはっぱ帯、柿渋紬×(ああ。帯なんだっけ?)を着たはず。
毎回できるだけイベント出品者の作品をどこかに取り入れるようにしてました。
帯留は、ガラス、木工、金工を、とっかえひっかえ。
それに合わせる帯締めも帯揚げも、色の組み合わせを変えることでいつもの雰囲気がガラリと一新して面白かったんですけど、それが見える写真はほとんどありません。

また平常の日々が始まって、また元のマンネリコーディネートに逆戻りです。
っていうか、イベント終了後まだ一度もキモノ着てませんし。

こうして今年もどんどん季節が変わってしまう。

ああ、単キモノ着たいなあ。