FC2ブログ
2016/07/23

打ち上げ








近江ちぢみに紫織庵の紗帯。

ちぢみはひとかさ増えてモッサリするのが難点・・と思ってましたが、何度も洗っているうちに、だんだん体に沿って着心地がよくなってきました。

こうなってくると、もう一枚くらいあってもいいなぁという気持ちになる・・・。
いや、増やしませんよ、もう増やしません(ー_ー!


ちぢみは、ずっと座ってると、おしりのところが伸びてきますね。
この写真は着た直後なのでまだ大丈夫ですけど、帰宅後に見ると尻の布がぺったりしてました。



今年の夏は猛暑だと聞いて身構えていますが、今のところ涼しい日々で助かってます。

夏着物を(苦しまずに)楽しんで着られるくらいの気温が続いてくれるのは嬉しいですが、昨夜は寒いくらいでした。
今日の最高気温は26℃。
これくらいがいちばん快適ですが、7月後半にしては低すぎるかな。

















しころの下駄に松煙染めの鼻緒。
黒い籠バッグ。
いちばん気に入っている夏のセット。













今日は、地元ギャラリーで開催していたグループ展の打ち上げ&反省会でした。

おかげさまで連日たくさんのお客様でて賑わいましたが、そのぶん私たち出展者側の不備も際立ち、反省点が多いのです。

反省しながらも、ランチは楽しかったです。
前菜のサラダ。








出展者6人中、3人が着物でした。

Nさん。
会期中は忙しかったけど、打ち上げは解放された気分で、ゆったりと着物姿。

自分で縫ったサマーウールに、型染めの綿麻帯。











Qさんは、絽の着物に、透かし織りの麻帯。
籐製の帯留。











スポンサーサイト



2016/07/15

サマーウール




昨日夕方、突然のドシャ降りがあって、今日は一気に涼しくなりました。
昼過ぎまで雨は残りましたが、出かける頃には止みそうだったので、ダダダーっと着ました。




この機を逃したらきっと今年は着ないまま終わりそうな、サマーウール(いわゆるポーラ?)。

伊勢崎ウールというもので、昭和30~40年頃に流行ったものらしいですが、その織元がもう工場を閉じるということで、最後の数反を安売りしてました。
一応「琉球紬」風とか「久米島紬」風とかのがありましたが、どれも、どことなく懐かさを誘う、昭和のレトロ感が漂っているのでした。

これは、その中でも売れ残りの売れ残り。

でもまあいいのです。

けっこう透けてますが、それほど涼しくはありません。







2016/07/10

足し布



6月23日のキモノ。

なんで今ごろ?と思われそうですが、じつはこの日を境にPCが壊れ、昨日ようやく修理から戻ってきたところなんです。



あ、なんだか髪が短い。
およそ半月も前の写真ですからね。

まあ、そんなことはさておいて、えっと、このキモノ、自作なんです。

6月後半からもうすでに暑い日々が始まっていましたが、この日はかろうじて木綿を着られる気温だったので、すかさず着ました。
着た具合を確かめたかったのです。

背縫いに縞が重なってしまったのが無念ですが、縫ってる最中は柄あわせのことなど考える余裕はなかったですから、まあ仕方ありません。

3年くらい前に、地元の店で安く買った木綿反物です。

少し昔の反物なのでもともと11.3mしかなかったのを、水通しをしたら10.5mになってしまったんでした。
もちろん足りませんから別の布を足そうと思い、この色柄や厚みに合う縞木綿を探しているうちに、時々記憶から消えたりもしながら、3年がたってしまいました。

仕立てずにいると、つい存在を忘れて、「ああ、紺色の縞木綿がほしいなあ・・、買っちゃおうかな?」と考えてしまいます。←バカなんでしょうか

とうとうホントに買ってしまいそうになって、寸前でこの反物を思い出した次第。
このままではそっくりなものばっかり増えてしまいそうなので、別布は手持ちの布ストックの中からテキトーに選んで、ようやく仕立てることにしたんでした。






下前のおくみにと台衿に藍染の木綿布を使いました。
この布が結構良いものなので、隠れる場所に使うのがもったいない気がしてきて、台衿のほうはあえて見えるようにしてみました。

(考えてみたら藍染め布1mが、この反物の値段と同じです。←やっぱりバカなんでしょうか)










・・・すると、右脇が
←こうなってしまうってことなんですね。

いっそのこと、片身変わりにでもしちゃったほうがいさぎよくてカッコ良かったかもしれません。









でもまあ、なかなか着つけやすいキモノです。
裄とか衿あきとかが左右で若干ちがってる感じはあるし、相変わらず仕立てが上達したワケでは全然ありませんが、不思議と着やすいので、もったいながらずにじゃんじゃん着られるキモノが増えました。

調子にのってまた縫いますよ、きっと。
ぬくもり工房で新しい反物買っちゃってるし。
そっくりな紺色の縞は寸止めできましたが、そのかわり別の色の縞反物を買ってしまったんでした。
つまり、なんだかんだ言いながらも結局は買うんです。




帯は麻のoz型染めトケイソウ。
帯どめはネコ、そういえばこれも自作。

















帯留「体調がわるい のりしお」
2015年 陶製。