FC2ブログ
2020/02/07

慌ててはいけない

20200207-1
ただの仕事の打ち合わせにわざわざ着物で行くことはないんですけど、雛祭りシーズンが始まって町は華やいでいるかな?と想像すると、無性に着ていきたくなりました。
しかし、その時点で出発30分前。
棚のいちばん上にあった着物と、引き出しのいちばん手前にあった帯で、大慌て着付けました。
産地不明だけど大好きな縞紬。
生紬のしぼり袋帯。
帯揚げ帯締めは考える時間なし。
半襟はうそつき襦袢につけっぱなしだったもの。
帰宅後の撮影なので、いつものように襟右襟が隠れてしまってます。

20200207-2
羽織を選ぶ時間がなかったので、和装コートを着ていきました。
相変わらずコートはネコ毛だらけです。

手に取った帯がたまたま袋帯だったんですけど、締め方をすっかり忘れてモタモタで、なぜか前帯が無地になってしまいました。
お太鼓の柄もなんだか変なの。
羽織があれば気にしないのに、コートは出先で脱がなければなりません。
ま、到着して打ち合わせが始まってからは、自分の服装のことなど意識から消えていましたが。

雛祭りシーズンが始まった真壁町。
思ったほどの賑わいはなくて、駐車場もガラガラでした。
今日はこの冬いちばんの冷え込みと言われていて、たしかにようやく冬らしいなと思える気温で、もしかしたらコロナウイルスのせいもあるのかもしれませんが、そぞろ歩く人も少なく、ただただ寒々しかったです。
車移動とは言え、防寒対策もせず、ポリエステルの襦袢にハイソックスも手袋もなしだったので、体の芯が冷えました。
せっかく好きな紬なのに、ちゃんと準備せずに雑に着てしまったのが悔やまれます。
よく見ると、渋ピンク系と萌黄色で桜餅っぽいコーディネート。
ああ、もっと時間に余裕を持って、落ち着いて着たかったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント