FC2ブログ
2020/02/21

柿渋紬ときのこ

kimono0221-3.jpg

やった!二日続けてキモノです。
用事で真壁へ行くという友達につきあって、一緒に出かけました。
急遽決まったお出かけなので、半襟と帯と帯揚げは昨日のまま。
着物は、「困ったときの」柿渋紬。←どんな帯にも合うのでコーディネートに悩まずに済む
羽織は、紫いろの紬にしました。
kimono2021-1.jpg
相変わらず、セルフタイマーで撮影してもモニターがすぐに見られない状態。
帰宅後パソコンに画像を入れて、ようやく今日の姿がどうだったのかを確認するのです。
まぁ、思っていたよりはヒドくない。
羽織の季節はいろいろごまかしがきくので、気に病むことも少なくて済みます。

暖かい一日でした。
梅の花の香りが漂っていた(らしい)けど、マスクしてたのでわかりませんでした。
少しだけ散策して、お雛様を飾っている家やお店を見学しました。
今年の真壁ひな祭りは、着物姿のお客さんが多いのだそうです。
もともと着物がよく似合う町並みなので、私もこうして真壁に用がある日はわざわざ着物で行ったりしてますが、町の呉服屋さんが町歩き用に着物レンタルと着付けサービスをやっていて、町にますます華やぎを加えています。
そんな真壁でも、以前は着物で歩いていると「今日はなにかあるんですか?」とよく聞かれました。
「いえいえ、真壁にお雛様を見るために来たんですよ」と答えると「へぇ~」とびっくりされたものですが、この頃ようやく町の人たち自身が「真壁=着物で歩きたい町」と認識し始めたようです。
初めて今年は「今日はなにか・・・?」という質問はされませんでした。
そのかわり、レンタルなのかどうかを訊かれましたが(^^;

kimono0221-2.jpg
ま、なにはともあれ、着物で歩きたくなる町って楽しいですよね。
そういう魅力があるってことですから、たぶん、着物を着ない人にとっても、着物に関係なく暮らしている住人にとっても、なかなか楽しい町なんじゃないのかなあ。
趣ある古い建物だけが素敵なんじゃなく、ちゃんと暮らしを感じる生きている町なのも素敵なのです。
帰りがけには、学校帰りの中学生で込み合う人気のコロッケ屋さんで、コロッケひとつ買い食いしました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント